加治将一オフィシャルサイト 『加治将一の部屋』

著書一覧

幕末 戦慄の絆 (祥伝社文庫)

senritunokizuna引退を表明していた歴史作家・望月真司のもとに、「和宮の謎」が持ち込まれる。

幕末維新の動乱期、孝明天皇の異母妹である和宮(親子内親王)は、
徳川家茂に降嫁。公武合体の象徴となった。

「謎」は、その皇女和宮の肖像写真とされる人物が別人であることや、発掘
された遺体から、なぜか左手首だけが失われていたことなどを告げていた。

調査を開始する望月。やがて、謎に包まれた和宮の生涯と、和宮に関わる
人物たちの発言、行動から明治維新最大のタブー”天皇すり替え”の核心
が浮かび上がってきた!

『禁断の歴史』シリーズ第5弾、待望の文庫化!

 

 

 

 

 

 

RSS Feed  Tags:
Posted on 2016-04-25 | Posted in 著書一覧 | Comments Closed

Related Posts