加治将一オフィシャルサイト 『加治将一の部屋』

龍馬の黒幕

Posted on 2018-11-06
映画「龍馬裁判」ディレクターズカット版DVD、龍馬を守った新撰組 禁断の幕末維新史のセット

ET005

ご一緒に購入される方が多いので、セットにいたしました!

 

映画「龍馬裁判」ディレクターズカット版DVDと、著者直筆サイン入り「龍馬を守った新撰組 禁断の幕末維新史」のセットとなります。

 

※この商品はシステム上、自動返信メールに送料「0円」と表示されます。

お買い上げ合計金額を再計算して折り返し【金額確定】の確認メールをお送りいたします。

 

Posted on 2017-11-22
幕末維新 禁断の歴史ツアー 京都編 DVD BOOK

ET003

明治150年特別企画

『自主規制なし!』

「禁断の歴史シリーズ」の加治将一と、150年前の京都へタイムスリップしませんか?

限定☆枚、著者直筆サイン入りです!

※この商品はシステム上、自動返信メールに送料「0円」と表示されます。
お買い上げ合計金額を再計算して折り返し【金額確定】の確認メールをお送りいたします。

RSS Feed  Tags:
Posted in 商品ジャンル, 商品一覧, 蔵出し | Comments Closed

 

Posted on 2017-11-22
映画「龍馬裁判」オリジナルブックマーカー

ET002

2017年、晩夏・東京。

大好評のうちに幕をおろした、ミニシアターでの5日間の鑑賞会。

映画「龍馬裁判」、本革製・オリジナルブックマーカーを販売いたします。

※この商品はシステム上、自動返信メールに送料「0円」と表示されます。
お買い上げ合計金額を再計算して折り返し【金額確定】の確認メールをお送りいたします。

 

Posted on 2017-11-22
映画「龍馬裁判」ディレクターズカット版DVD

ET001

2017年、晩夏・東京。

大好評のうちに幕をおろした、ミニシアターでの5日間の鑑賞会。

映画「龍馬裁判」、ディレクターズカット版DVDが完成いたしました。

※この商品はシステム上、自動返信メールに送料「0円」と表示されます。
お買い上げ合計金額を再計算して折り返し【金額確定】の確認メールをお送りいたします。

 

Posted on 2017-11-20
龍馬の黒幕 明治維新と英国諜報部、そしてフリーメーソン

BK0002

一八六七年十二月十日夜、坂本龍馬斬殺。
犯人は新撰組とも京都見廻組ともいわれている。
しかし矛盾と謎が多すぎる。
真犯人は誰か?
浮かび上がる「龍馬の手紙」
-幕臣勝海舟、英国武器商グラバーと行動を共にした龍馬が、死の直前に書いた最後の手紙に込めた「暗号」を読み解くことで、
龍馬暗殺犯、さらには幕末維新の真相を暴く、驚愕の書。

みなさまからのアツ~いリクエストにお応えし、著者直筆サイン入りでご用意いたしました!

※この商品はシステム上、自動返信メールに送料「0円」と表示されます。
お買い上げ合計金額を再計算して折り返し【金額確定】の確認メールをお送りいたします。

RSS Feed  Tags:,
Posted in 商品ジャンル, 商品一覧, 蔵出し | Comments Closed

 

Posted on 2017-11-20
石の扉 フリーメーソンで読み解く世界

BK0001

坂本龍馬の背後にはある秘密結社があった-。
一介の脱藩浪人の事績としてはあまりにも不自然な、船中八策、薩長同盟、大政奉還。
ある英国人との関わりから維新史を解き明かし、またピラミッド、十字軍、米国建国等々の謎もこの結社の暗躍を軸に読み解く。
国内外の会員たちへの直接取材と綿密な調査によって最大最古の秘密結社フリーメーソンの真実に迫る衝撃のノンフィクション。

みなさまからのアツ~いリクエストにお応えし、著者直筆サイン入りでご用意いたしました!

※この商品はシステム上、自動返信メールに送料「0円」と表示されます。
お買い上げ合計金額を再計算して折り返し【金額確定】の確認メールをお送りいたします。

RSS Feed  Tags:,
Posted in 商品ジャンル, 商品一覧, 蔵出し | Comments Closed

 

Posted on 2012-08-08
龍馬の黒幕(祥伝社文庫)

龍馬の黒幕一八六七年十二月十日夜、坂本龍馬斬殺。

犯人は新撰組とも京都見廻組ともいわれている。

しかし矛盾と謎が多すぎる。

真犯人は誰か?

浮かび上がる「龍馬の手紙」―幕臣勝海舟、英国武器商グラバーと行動を共にした龍馬が、死の直前に書いた最後の手紙に込めた「暗号」を読み解くことで、龍馬暗殺犯、さらには幕末維新の真相を暴く、驚愕の書。

RSS Feed  Tags:,
Posted in 著書一覧 | Comments Closed